01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -
    綺麗な最強レーザーポインター緑光線
     
    << 建築用レーザーポインター非常に携帯便利 | main | カラス対策レーザーポインター格安便利 >>
    0

      1つは、レーザーの高出力化が必要であること。研究チームが実験に用いたのは、100テラワットと5テラワット(1テラワット=1兆ワット)のレーザーだが、レーザーポインターペンの進歩は急速で、近い将来にはエクサワット(1エクサワット=100万テラワット)も登場すると予想されている。これだけの出力ならば、人工降雨に使えるのではないかと期待されている。ただし、緑レーザーポインターを発振する費用対効果も問われることになる。
      もう1つ、人工降雨に必要なのが、降雨の仕組みの解明だ。大気に光が当たるとオゾンと窒素酸化物が作られ、硝酸の粒子を形成、周囲の水分子を集めて雨滴に なっていく。こうしたプロセスの詳細と、大気の状態が降雨にどのような影響を与えるのかを知ることが、人工降雨の実現には欠かせない。
      人工降雨が実現されるまでには、まだまだ超えなければならない壁がたくさんあるが、レーザー方式には他の方式にはない大きなメリットがある。ヨウ化銀のよ うに環境や人体に影響があるかもしれない化学物質を使わずに済むこと。そして、化学物質を使う手法と比較して、より正確なコントロールが行えることだ。
      この水の粒子は雨滴の1/100も小さいが、水が凝結(気体から液体に変化)する過程で、より大きな雨滴になっていくことがわかった。
      最強レーザーポインターは、単純に出力が高くなればなるほど明るくなるので、眼に対する『視認性 = 見易さ』も上がっていきます。
      また高出力(ハイパワー)になれば、暗所では散乱光による綺麗な最強レーザーポインター緑光線の軌跡が見えて、まさに映画などで見るレーザーって感じです。

      超強力 450nm 2000mw 青色レーザーポインター

      しかしその一方で、眼に対する深刻な危険性が増す事は絶対に忘れてはいけません!
      実際に高出力の小型レーザーポインターで眼の網膜を損傷してしまい、一生消えない十字架が眼に焼き付いてしまったと言う事件も発生してしまっているのです・・・。

      偶然にでも高出力(ハイパワー)のブルーレーザーポインター光が直接眼に入ってしまったら、一瞬であっても深刻です。
      何らかに当たってしまい、予期できない反射光でも大変危険です。

      使用者本人のみならず、周囲の関係無い人の一生を左右してしまう危険性を孕んでいるのです・・・。
      緑色は赤色に比べて、目の感度が高い。同じ出力でも、赤色に比べてレーザーポインターはより明るく感じる。標準比視感度曲線を参照せよ。赤(780nm or 650nm) に比べて緑(532nm)は約10倍の感度を持つ。レーザモジュールは出力が高いと目に入った時に危険である。そのため、一般に販売されている現場用レーザーポインターは、1mW 程度に出力が制限されている。このグリーンレーザポインタは、5〜30mW と、とっても高出力なのだ。http://www.laserpointerjp.com/blue-2000mw-laser-pointer.html

      強力な緑レーザーポインター 200mw
      レーザの熱作用を利用して書き込むため、100mW 程度の出力をもち、とても大量に量産されている。MO=685nm, CD=785nm, DVD=650nmが使われる。
      共立モジュールではポンプLDは定電流駆動されている。一般に高出力LDでは、LDの隣にフォトダイオードが同パッケージされていて、LDの光出力をモニ タしつつフィードバック制御をかける。共立モジュールでは、回路の簡略化のために、フィードバックはなされずに、LDを定電流で駆動するのみの回路になっ ていた。フィードバックがかかってないので、調整時と温度などの条件が違っった条件でLDをオーバドライブしてしまうとてLDにダメージを与えることもあ るのでパワー狂の人は注意。害鳥撃退レーザーポインター 改造もレーザーですけど(^^;
      出力を強力にしたいというのであれば、レーザーポインターは低出力な半導体レーザーなのでほぼ無理です。
      電力を上げても半導体が壊れるだけです。
      実験室で使うようなレーザー光線だすためには、固体レーザーなどの装置が必要です。
      少なくとも、光跡で夜空の星を指すことができて、1kmは飛ぶレーザを作るには、2×LR44 では出力電流が小さすぎる。最初は、リチウム電池の CR2 と組み合わせたポインタを作ろうかと思っていたけど、グリーンモジュール自体が、ほぼ単三電池の大きさなことを利用して、1/2 CR-V3 と組み合わせて、単三×2サイズのレーザポインタを作ってみることにした。CR-V3 はデジカメなどに使われる、単三×2と互換の大きさをもつ、3Vのリチウム電池である。内部は単三サイズの電池が二本、並列に繋がっている。分解して、単 三サイズで3Vの電圧が得られるリチウム電池が得られる。以下では便宜上、これを 1/2 CR-V3 と呼ぶカラス撃退レーザー赤色

       
      auther:yakuoto20, -, comments(0), -
      スポンサーサイト
       
      0
         
        auther:スポンサードリンク, -, -, -
        Comment
         









         
         
        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.